FXファンドの上手な選び方について

FXファンドの選び方

FX取引を始める時には、どのFXファンドを選ぶかが重要です。各FXファンドともに、独自の方向性を打ち出していますので、どこを選ぶかは最初に情報収集しておく必要があると言えるでしょう。FXファンドと言っても、大きく分けると2つに分類できます。日本国内と海外のFXファンドですね。両者の大きな違いとしては、レバレッジの制限があるかどうかになります。日本でも少し前までは規制されていなかったので、高レートでの取引が可能でしたが現在は25倍までしかレバレッジをかけることができません。対して、海外のFXファンドでは最大で500倍ものレバレッジをかけることができるので、ハイリスク・ハイリターンの取引ができるでしょう。最近では日本語にも対応しているところが多くなっており、海外のFXファンドを選ぶのも選択肢の1つですが、初心者にはお勧めできません。

初めてFXファンドに口座を開設するといった人は、やはり国内のFXファンドがお勧めですね。では、どこに注目すると上手に選ぶことができるのかと言うと、先ずは万が一にFXファンドが倒産した時のことを考えて、自分の資産が守られるかどうかをチェックすべきだと言えます。信託保全と言うのですが、完全信託保全を行っているところを選ぶべきですね。取引に関する手数料ですが、近年ではほとんどのFXファンドで無料となっていますが、まだ一部では有料となっているので、デイトレードをしたい人はここも注意しておきたいポイントですね。

他に注目しておきたいのが取引ツールです。国内のFXファンドは大抵のところがオリジナルの取引ツールを用意していて、中にはこの取引ツールを使いたいがために口座を開設すると言う人もいるくらいなので、非常に重要なポイントだと言えます。この取引ツールに加えて、情報ツールであったり、FX取引に関する情報を提供してくれるかどうかも大きなポイントですね。特に初心者の人ですと、セミナーが開催されていたり、オンデマンドによる勉強会などがあるFXファンドを選ぶと良いでしょう。近年ではFXファンドにおいても顧客満足度ランキングなどが発表されているので、どこが良いか解らない時には参考にするのも良いですね。